JP EN

 

Philosophy

 

光と風 1

 

ml01

 

テラスの意味を問い直し、集合住宅をデザインすることを考えています。

住戸のテラスをヴォイドと捉え、テラスが単純に連なるのではなく、ヴォイドとしてのテラスがファサードに表出するイメージを考えました。

 

「杉並の集合住宅」では、計画敷地の形状や法規制などから、前面道路に面する階段状のボリュームとなりました。

画一的な住戸プランではなく、多様なライフスタイルを包み込むバリエーション豊富な集合住宅にしたいと考えました。

 

テラスが正面側だけではなく、住戸の側面にも配置し、貫入させてデザインとしました。

シンプルなボリュームにおいて、住戸バリエーションの多様性をテラスの配置と壁面の建築的操作から創り出すことを追求しました。

 

ヴォイドが住戸の空間に貫入し、住まいを光と風が優しく包み込みます。

豊富な住戸のバリエーションと、スタイリッシュなファサードが集合住宅としての価値を高める事を意図しました。

 

「光と風 2」

 

Copyright Yoshitaka Uchino & YDS Architects Co.,Ltd. All rights reserved.