JP EN

 

Philosophy

 

道空間 1

 

sr03

 

街および都市空間から建築の内部に道の空間を引き込み、つなげる時、エントランスホールのデザインが重要です。

 

「石神井公園の集合住宅」では、エントランスホールを道の空間のように捉え、1階の廊下・階段・広場=中庭に緩やかに接続しています。

周囲の都市空間と柔らかくつなげる為に、ホール内のポストの周囲をガラスでつくり、ホール内から都市空間が臨めるようにしました。

 

ホール内部から前面道路を走る車やバス、あるいは歩行者歩く様子が見えます。

街を歩く人からエントランスホールの一部を見ることが出来、ガラスは都市と建築を映し出すスクリーンになります。

 

ポストの内部をエントランスホールからのみ取り出すことが出来る、セキュリティーと両立しています。

コモンスペースとしての道空間という建築的コンセプトと機能が組み合わさったデザインとなりました。

 

「道の空間 4」

 

Copyright Yoshitaka Uchino & YDS Architects Co.,Ltd. All rights reserved.