JP EN

 

Philosophy

 

共生 4

 

ws02

 

都市と建築の接点である外構の植栽の空間を、建築と都市の双方に溶け込むようにデザインすることを考えています。

 

「吉祥寺の集合住宅2」においては「Forests of Grid」との連続性を考慮し、ボリュームのデザインを考えました。

二棟の建築が対となって、都市空間や街並に働きかけるイメージです。

 

植栽の空間を積極的に活かしたいと考えました。

植栽を建築が包み込み、周囲の都市空間につながってゆくことを意図しました。

 

ボリュームがずれた構成とし、迫り出したボリュームの下部に植栽を植え、植栽の自然を建築が包摂するデザインとしました。

平面的に自然を囲い取る代わりに、断面的に自然を柔らかく包み込みました。

 

自然と建築のゆるやかな関係と新たな風景が生まれました。

 

「共生 5」

 

Copyright Yoshitaka Uchino & YDS Architects Co.,Ltd. All rights reserved.