JP EN

 

Philosophy

 

共生 3

 

gs01

 

都市や街並に調和するだけでなく、積極的に働きかける集合住宅をつくりたいと考えています。

 

「吉祥寺の集合住宅1」では、広場として森をつくりましたが、森の樹木を街を行き交う人も楽しむことが出来るように考えました。

  

森を囲い込むコンクリートの壁面に開口を開け、住まい手だけでなく、街からも臨めることが出来ます。

 

森の樹木の成長・四季折々の変化を、住まい手も街を行き交う人も楽しむことが出来ます。

建築が自然と共に街の風景の一つになることを意図しました。

 

住まい手は中庭の自然を森・階段・ふれあい広場から楽しめ、コンクリートの開口を通して、都市空間を眺めることが出来ます。

建築が包み込んでいる中庭の自然を街に開くことで、新たな建築と都市の関係性を創り出しました。

 

「共生 4」

 

Copyright Yoshitaka Uchino & YDS Architects Co.,Ltd. All rights reserved.