JP EN

 

Philosophy

 

間 7

 

hsmtv02

 

「間」を感じる事が出来る空間をリノベーションで創り出したいと考えています。

空間、時間のイメージを喚起する間のコンセプトを、リノベーションという新旧の空間の衝突の中で表現したいと考えています。

 

「白の本棚」は既存の木造軸組と、新たに挿入された白い本棚の箱があります。

この新旧の素材や空間に「間」を感じられるように意図しました。

 

新たに創られた部屋へは、白い本棚の一部が書き取られた開口が入口になっています。

これら部屋の入口にはドアなどの建具は設置せず、本棚や既存軸組が空間を分節しています。

 

本棚の奥には入口の為に切り取られた本棚が現れます。

部屋と部屋の間には、本棚と木造軸組によるミニマムな空間があります。

 

小さくても無限の広がりを感じられる宇宙のような「間」の空間を意図しました。

 

Copyright Yoshitaka Uchino & YDS Architects Co.,Ltd. All rights reserved.