JP EN

 

Philosophy

 

間 5

 

kv02

 

階段の空間は上下の空間をつなぎ、変化が生まれます。

間の空間を、この垂直動線の階段の空間において創り出したいと考えました。

 

「熊本の家」の階段は、要素をそぎ落としたミニマムな空間です。

この空間には2階のテラスから光が注ぎ込み、スリットを通過する光は、光のラインを描きます。

 

上階と下階の間を移動する機能だけの空間ではなく、空間のうつりかわりを感じられる空間です。

空間を移行する際に間を感じる事が出来、落ち着いた透明な気持ちになる事が出来るイメージです。

 

1階LDKなどのパブリックスペースと2階諸室のプライベートスペースの空間の変化を、階段を昇降する際に感じられます。

 

「間 6」

 

Copyright Yoshitaka Uchino & YDS Architects Co.,Ltd. All rights reserved.