JP EN

 

Philosophy

 

間 3

 

yv01

 

間の空間をリビングルームの上部の吹抜において、創り出したいと考えました。

 

「茨城の家」におけるリビングルームの吹抜は、外部テラスと隣接するように配置しました。

テラスの上は空であり、リビングの上は白い空間が広がります。

 

この白い吹抜の空間にはハイサイドライトと2階のテラスに面した大きな開口があります。

 

ハイサイドライトからは自然光が差し込み、絞られた強烈な光のラインを描いたり、柔らかな光を投げかけたりします。

 

二つの開口からの注ぎ込む自然光が、白い空間を様々に彩ります。

吹抜により得られる開放感と、静寂な余白の空間を感じることが出来ます。

 

「間 4」

 

Copyright Yoshitaka Uchino & YDS Architects Co.,Ltd. All rights reserved.