JP EN

 

熊本の家

hk01 hk29 hk02 hk30 hk31 hk03 hk04 hk05 hk06 hk07 hk08 hk09 hk10 hk11 hk12 hk13 hk14 hk15 hk16 hk17 hk18 hk19 hk20 hk21 hk22 hk23 hk36 hk24 hk25 hk26 hk27 hk28 hk45 hk43 hk44

 

| DATA |

Type: Private House

Location: Kumamoto,Japan

Collaborators: Myu engineering,Iwanaga Gumi co.,ltd

Principal Architects: Yoshitaka Uchino

Architects: Mana Muraki

Size: 170m2

Status: Completed

Award: 2016 SIA-GETZ Architecture Prizeノミネート シンガポール,2016 Design Top10 Architectre Award 英国

           2016 Bronze A'Design Award イタリア,The American Architecture Prize 特別賞 Honorable Mention 米国

           2016 German Design Award 特別賞 Special Mention ドイツ,2017 The 10th London international creative competition 入選 shortlist 英国

           2017 Construction Awardsノミネート 英国,2017 DESIGNER OF THE YEARノミネート イタリア

 

| CONCEPT |

「光と影」と時のうつろいがこの建築のテーマです。

 

お客様の希望は広いリビング、南向きの子供部屋、大きな本棚でした。

白い立方体を光と風が駆け巡ってゆく建築を考えました。

 

1階のリビングは庭に面したオープンな構成とし、吹き抜けと斜めの壁により広がりを感じられる空間としました。

2階の子ども部屋は均等に配置し、外部テラスを貫入させるデザインとしました。

     

この外部テラスにより、子ども部屋は光と風が溢れる空間となり、廊下と吹き抜け越しに1階へと光をもたらします。

トップライトとテラスからの光により、1階のリビングでは時々刻々光の様相が変化し、直接光とテラスからの光が壁面で

  

反射した柔らかな自然光のうつろいを楽しむことが出来ます。

 

階段は白いミニマムな空間とし、テラスから差し込んでくる自然光によって、昼は常に明るい空間です。

壁一面の木製の本棚と円形のテーブルは、そこでお子様と御両親が一緒に本を読んだり出来るようにデザインしました。

  

キッチンは木で作成し、本棚とナラの無垢フローリングと共に、白いリビングの空間で木の風合いを感じることが出来ます。

玄関、外部の庭には玄昌石などの自然石を用い、自然の風合いと時の経過を感じられます。

 

2階テラスからは壁面で切り取られた「自分だけの空」を楽しむことが出来、吹抜越しに1階のリビングからも空を眺めることが出来ます。

光と風が住宅の中に広がって行き、住まい手の生活を様々に彩るでしょう。

 

Copyright Yoshitaka Uchino & YDS Architects Co.,Ltd. All rights reserved.