JP EN

 

吉祥寺の集合住宅1(Forests of Grid)

G26 G21 G23 G24 G11 G05 G06 G12 G16 G09 G10 G13 G15 G17 G03 G04 G07 G31 G32 G33 G33 G41 G42 G43 G44

 

| DATA |

Type: 集合住宅

Location: 東京都

Collaborators: 株式会社都市構造計画

Principal Architects: 内野吉貴

Architects: 村木真奈

Size: 1,370m2

Status: Completed

Award: 2016 Iron A'Design Award イタリア

 

| CONCEPT |

商店街に建つ6階建ての集合住宅です。

「集まって住むこと」を考え、住まい手が憩える自然の公共空間を創り出し、住まいと街の接続を試みました。

 

正方形断面を持つ均等グリッドと、直線と円弧の二枚の壁からつくられています。

二枚の壁によって囲われた小さな森の様な中庭をつくり、森を囲うように階段を配置しました。

 

中庭はエントランスホールから階段に至る動線上にあり、住まい手は中庭を通ることで自然を常に感じることが出来ます。

円弧の壁に開けた開口を通し、住まい手は街を眺めることが出来、街の人々は森の樹木を臨めます。

森の空間を均等グリッドの柱が貫き、建築と自然を統合します。

 

この小さな森は建築と街との接点であり、建築が街に開いています。

樹木の生長と共に、建築と都市が共に成長します。

外周壁は構造から解放され、ハイサッシュにより各住戸は光と風に包まれます。

 

隣接する敷地に同時に集合住宅(Double Box)をつくり、二棟で対になるデザインを意図しています。

二棟の建築が街に働きかけ、心地よい街並の一つとなることを考えました。

街に開いた公共空間が住まいを拡張し、街とゆるやかに繋がる一つの環境を創り出す試みです。

 

Copyright Yoshitaka Uchino & YDS Architects Co.,Ltd. All rights reserved.